妊娠された方へ

妊娠は新しい命を宿す人生の一大イベントです。お腹が大きくなるのはもちろん、身体は目に見えない部分も大きく変化し、その影響で口腔内環境が悪化しやすくなります。つわりがあると決まった時間に食事することが難しくなりますし、歯をみがくこともままなりません。免疫力自体も落ちてしまいます。

いつも以上にお口のケアを心がけるとともに、歯科医院で検診や治療を受け、口腔内を健やかに保ちましょう。

治療を受けるタイミングは?

「妊娠中だから」と歯科医院の受診をためらう方がいますが、多くのお母様が出産後は育児に追われ、外出がままならなくなります。当院では妊娠の段階に応じた治療や予防処置を行っておりますので、一度ご相談ください。妊娠中にできる治療はすませ、万全の状態で出産の日を迎えましょう。

【妊娠初期】
1~4か月
安定期を迎える前の状態で、切迫流産の危険もある時期。つわりで口腔内を触られることに耐えられない方もいるため、この時期を避けて治療をはじめましょう。
【妊娠中期】
5~8か月
つわりも終わり、安定期を迎えます。治療を受けるならこの時期がおすすめです。痛みなどの自覚症状がなくてもこの時期に一度歯科検診をすませておくと安心です。
【妊娠後期】
9か月~出産
お腹が大きくなり、診察台に乗ることも負担になります。いつ出産を迎えてもおかしくない時期なので、後期に入る前に治療をすませておくとよいでしょう。

恐ろしい病気 妊娠性歯周炎

歯周病が、早産や低体重児出産に関係することはご存じですか? 妊娠中は口腔内環境が悪化し、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。とくに妊娠性歯周炎になると、歯周病菌が出す炎症物質が子宮の筋肉を収縮させてしまい陣痛に似た状態を作り出し、本来の出産時期を迎えていない胎児の出産を促してしまうのです。

妊娠における早期低体重児出産の危険率

※日本臨床歯周病学会HPより引用

早産や低体重児出産を引き起こす要因は、このほかにもアルコールや喫煙などがありますが、歯周病は誰でもかかりうる病気です。ケアを心がけるとともに適切な治療を早めに受け、胎児の健康を守りましょう。

つわりで歯がみがけない方は

つわりの症状は人それぞれ。まったく気にならない方もいれば、歯ブラシを口に入れることさえ耐えられないという方もいます。ご自分に無理のない範囲でケアを行っていきましょう。

歯ブラシのヘッドは小さめに 歯ブラシのヘッドは商品によって大きくサイズが違います。口を開ける大きさが少し小さくなるだけでも、負担が変わってきます。
歯みがき粉をつけずに 妊娠中、今まで何とも思わなかったにおいや味がダメになることも。気になるときは歯みがき粉をつけなくてもOK。
歯みがき以外で 歯みがきが無理なら食後のうがいのほか、虫歯予防のガムや殺菌作用のある緑茶の活用、また繊維質の豊富なリンゴをかじるなどの方法も。できる方法で少しでもお口をすっきりさせましょう。
  • ページトップに戻る

妊娠中の歯科治療Q&A

Q.妊娠中、レントゲンを撮っても大丈夫?

歯科の撮影で浴びる放射線量は、1年間に浴びる自然の放射線量よりずっと少ない量です。とくに当院は放射線量の少ないデジタルレントゲンを使っています。口元をみるための撮影なので、腹部から照射位置が離れていることや防護エプロンを着用することを考えても、放射線による赤ちゃんへの影響はほぼないと考えてよいでしょう。

Q.麻酔が必要な治療は可能?

はい、心配ありません。歯科の治療で使う麻酔は局所的に行うもの(局所麻酔)なので、これは妊娠中でも赤ちゃんへの危険性がほぼないことがわかっています。痛みがひどいと母体に強いストレスがかかり、赤ちゃんにもよくありません。ただし麻酔によるアレルギー症状や気分が悪くなった経験をお持ちの方は、事前にご相談ください。

Q.親知らずが痛い! 妊娠中の抜歯はできる?

できるだけ抜歯を避け、消毒や薬で対処します。妊娠中はホルモンバランスが大きく変わり、歯ぐきが炎症を起こしやすくなるため親知らずが痛くなりがちです。産婦人科の先生と相談しつつ消毒や薬で状況の悪化を防ぎつつ様子をみていきますので、気になったときは早めにご相談ください。できれば妊娠前に歯科医院で相談し、必要なら親知らずの抜歯をすませておきましょう。

Q.母親の虫歯が多いと、子どもへの影響があるって本当?

虫歯になりやすい体質や歯質は、遺伝することがあります。また虫歯のできやすさは、歯や唾液の性質などに影響されます。

そして虫歯は菌による感染症。菌が多いと感染する可能性が高まりますので、お母様の虫歯治療と生活習慣づくりは大切です。たとえできやすい体質でも、虫歯は適切なケアによって防げます。お子様を虫歯から守るためには、甘いものの与え方や仕上げみがきなどの生活習慣づくりに注意しましょう。

Q.妊娠中、歯に白い詰めものをしてもよいの?

はい、問題ないといわれています。歯に白い詰めものをする場合、コンポジットレジンを使います。これは環境ホルモンが含まれており危険だと一時期騒がれましたが、現在は研究が進み健康に影響がある量ではないことがわかっています。

これから生まれるお子様のために歯について知りましょう。くわしくはこちらをご覧ください。