早めの治療で負担を少なく~虫歯~

虫歯菌は糖分を栄養に酸を排出します。虫歯は、歯がその酸で溶ける感染症。虫歯菌、糖分、歯質の3つと、食べたあと歯をみがくまでの時間という要素がそろってしまうと虫歯ができるのです。

虫歯の進行は一方通行。歯がしみる・痛むのは虫歯のサインかもしれません。初期虫歯なら治療期間が短くすみ、痛みもありません。早めの来院で治療にかかる負担を減らしましょう。

虫歯の進行

進行段階 症状 治療法

C0
【初期虫歯】

C0【初期虫歯】

歯の表面にあるエナメル質が溶け出した状態。一般的な虫歯のイメージと違い、白く濁っているので専門家でなければ見分けるのは困難です。 ブラッシングフッ素塗布を適切に行えば、歯が再石灰化し回復することもあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

C1【エナメル質の虫歯】

エナメル質が溶け、黒ずみはじめた状態。痛みはまだほとんどなく、冷たいものが少ししみる程度です。 虫歯の部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めます。

C2
【象牙質の虫歯】

C2【象牙質の虫歯】

虫歯がエナメル質の内側にある象牙質まで達した状態。食べものがしみはじめ、ときどき痛みます。 虫歯の部分を削り、詰めもの(インレー)を詰めます。

C3
【神経に到達した虫歯】

C3【神経に到達した虫歯】

象牙質のさらに奥にある神経まで虫歯が達した状態。食べものがしみるのはもちろん、何もしていないときにもずきずきと激しく痛みます。 神経を除去し、神経の通っていた管(根管)内部を消毒して薬剤を詰めます(根管治療)。そして被せもの(クラウン)で患部を覆います。

C4
【歯根まで到達した虫歯】

C4【歯根まで到達した虫歯】

歯が溶けてほとんどなくなった状態。ここまでいくと神経が死んでしまうため痛みはいったん消えますが、歯根部に膿が溜まると再び痛み出します。 ほとんどの場合で抜歯が必要になります。入れ歯インプラントなどで失った歯の機能を補います。

歯がしみる~もしかしてそれ、知覚過敏?~

冷たいものを食べたり飲んだりしたとき、歯がずきずき痛むことはありませんか? 歯がしみる原因には虫歯のほかに、知覚過敏も考えられます。知覚過敏は、エナメル質の内側にある象牙質が露出することで起こります。象牙質には象牙細管という細い管状の穴が通っているため、さらに奥にある神経まで穴を通して刺激が伝わってしまい、痛むのです。

歯周病による歯ぐきの後退や強すぎるブラッシングなど、知覚過敏の原因はさまざま。虫歯と区別がつきにくいので、しみるのが気になる方は一度ご相談ください。

虫歯にならないための方法はこちらをご覧ください。

  • ページトップに戻る

健やかなお口がお子様の明るい未来を作る~小児歯科~

お口の健康は全身の健康を支える土台です。虫歯が痛むと食事が満足にとれなくなりますし、歯並びの乱れは見た目や虫歯だけでなく全身のバランスを崩す原因にもなります。しかしお子様自身はそのことを知りませんし、一人では決して十分なケアができません。だからこそお父様、お母様にしっかりとその土台を支えるお手伝いをしていただく必要があるのです。

虫歯は乳歯が大好物

「乳歯はどうせ生え替わるから」と虫歯を放置される方もいますが、これはとんでもない誤解です。

プロにしか取れない汚れもごっそり 「PMTC」

実は乳歯には、永久歯が生えるまでその位置を確保する役割があります。そのため、永久歯が生える準備が整っていない状態で乳歯が抜けると歯並びが乱れ、最悪の場合、新しい歯が生えてこられなくなるのです。また虫歯がひどくなると、その下にある永久歯のエナメル質まで溶かしてしまうケースも。さらに歯が痛むことで十分にものが噛めず、顎が発達できず小さくなってしまうこともあるのです。

永久歯に比べて歯質がやわらかい乳歯は、虫歯になりやすいデリケートな時期。予防が何より大切ですが、もし虫歯になってしまってもあきらめず早期に治療しましょう。

こんなクセにはご用心

指しゃぶり 指しゃぶりだけでなく、唇や爪を噛む、舌で歯を押すなどのクセは歯や歯ぐきにとって負担です。出っ歯や受け口など、歯並びが乱れる原因となります。
ほおづえ 子どものほおづえはほほえましく感じられるかもしれませんが、顎の骨がゆがむ原因になります。また長時間うつぶせや横向きで寝ている状態も、ほおづえと同じように顎に負担をかけ、骨がゆがんでしまいます。
歯ぎしり 歯ぎしりは歯の表面を保護するエナメル質をすり減らします。また顎の関節に大きな負担をかけ、歯並びが乱れる原因にも。噛みしめも同じく顎関節に負荷をかけます。
片側でばかり噛む いつも同じ側の歯でばかり噛んでいると、顎のゆがみを招きます。身体全体のバランスの乱れにもつながるので、両側で噛みましょう。
噛まない 食べものをよく噛まずに丸のみしていると顎が発達できませんし、消化器官への負担も大きくなります。よく噛むことで脳の発達が促され、食べものの栄養素も吸収しやすくなります。
口で息をする 口の中が乾燥し、虫歯菌や歯周病菌が繁殖しやすくなります。また正しい舌の位置が覚えられず、歯並びが乱れる原因にもなります。

小児歯科で行う処置

ブラッシング指導

ブラッシング指導

発育段階に合った歯ブラシの選び方や正しいブラッシング、仕上げみがきの方法などを指導します。お子様自身が正しい方法を身につけられるよう、丁寧にやさしくお教えします。

フッ素塗布

フッ素塗布

乳歯の歯質はやわらかく虫歯になりやすいため、フッ素を塗布することで歯質の強化を図ります。再石灰化の際にフッ素が歯に取り込まれることで、虫歯菌の出す酸に強い歯になります。より効果を高めるためには定期的な塗布がおすすめです。

シーラント

シーラント

奥歯の溝はとても細く入り組んでいて、汚れが入り込むと取り除くのが困難。あらかじめこの溝をレジン(歯科用プラスチック)でふさぐことで汚れを溜まりにくくし、虫歯を予防します。乳歯はもちろん、生えて間もない永久歯にこの処置をすることもあります。

過剰歯の抜歯

まれにですが、本来生えてくるべき本数以上の不要な歯が生えてくることがあります。歯並びが乱れる原因になる上に虫歯にもなりやすいので、ほとんどの場合は早期に抜歯します。

床矯正

床矯正

永久歯がきれいに生えそろうためには、顎が十分に発達し、歯が並ぶスペースが確保できなくてはいけません。スペースが足りなくなる恐れがあれば、おもに乳歯と永久歯が生え替わる時期にあたる混合歯列期に、顎を広げる床矯正治療を行います。

お子様の歯について分からないことや不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。03-6908-4185