気になる銀歯を解消しましょう~審美歯科~

「銀歯が目立つような気がして、思いっきり笑えない」。そんな悩みを抱えていませんか? そのお悩み、審美歯科におまかせください。銀歯の代わりに歯と同じように白いセラミックを使うことで、治療のあとを目立たなくすることができます。審美歯科であの頃のような笑顔を取り戻し、思いっきり笑いましょう!

銀歯とセラミックの違い

  銀歯 セラミック
外見 銀歯 セラミック
歯はもともと白いもの。銀歯の金属の色は目立ちます。 歯と同じように自然な白さと透明感を兼ね備えています。
耐久性 経年劣化し、摩耗が起こります。金属イオンが溶け出すと歯ぐきが黒ずむことも。 経年劣化が少なく、適切なケアをすれば長期的に白い状態を保てます。変色や摩耗が起こりにくい素材です。
安全性 歯より硬い素材なので、周囲の歯を傷つけてしまう恐れがあります。また金属イオンが溶け出すことで、金属アレルギーを引き起こす可能性があります。 適切な硬さのものを選べば周囲の歯を傷つけにくくなります。金属ではないので金属アレルギーの心配はいりません。
費用 保険が適用されるので安価です。 自費診療なので比較的高価になります。

審美歯科で使う素材とその特徴

素材 特徴

ジルコニア
(インレー・クラウン)

ジルコニア(インレー・クラウン)

金属並みの強度があり、詰めもの(インレー)・被せもの(クラウン)としてどの歯にも使えます。セラミックの中でも、もっとも美しい見た目が実現できます。

オールセラミック
(インレー・クラウン)

オールセラミック(インレー・クラウン)

天然の歯に近い色や透明感があります。強度の高い素材です。

ハイブリッドセラミック
(インレー・クラウン)

ハイブリッドセラミック(インレー・クラウン)

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜて作ります。適度な軟性を持ち、噛み合う歯を傷めないのがメリットです。見た目は天然の歯に近くなりますが、経年劣化で変色する恐れがあります。

メタルボンド
(クラウン)

メタルボンド(クラウン)

金属のフレームにセラミックを焼きつけて作ります。見た目は美しい上に、金属が基盤となっているので高い強度が保てます。

歯の黄ばみが気になる方は以下のホワイトニングをご覧ください。

白い歯で笑おう!~ホワイトニング~

術前

術後

ホワイトニングとは、薬剤を使って安全に白い歯を取り戻す処置をいいます。歯を削らず自分自身の歯を白くできることから注目度が高まっています。

ホワイトニングの種類

種類特徴

オフィス
ホワイトニング

オフィスホワイトニング

ホーム
ホワイトニング

ホームホワイトニング

デュアル
ホワイトニング

デュアルホワイトニング

特徴 歯科医院で受ける施術です。高濃度の薬剤を歯に塗り、特殊な光を当てて色素を分解します。 歯科で自分専用のマウストレーを作製し、自宅にてご自分で施術します。低濃度の薬剤を注入したマウストレーを、毎日一定長時間装着します。 オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用します。
メリット
  • 1回の施術効果が大!
  • プロにまかせられるので手間いらず
  • 施術前のクリーニングが受けられる
  • 色も調整可
  • 薬液の刺激が少なく安全
  • 元の色に戻りにくい
  • 自分の都合に合わせて実施できる
  • 奥歯まで白くできる
  • 効果が早い
  • 白さが長持ちする
デメリット
  • 高濃度の薬剤なので刺激を感じる場合も
  • 元の色に戻りやすい
  • 奥歯には光が届かないため白くなりにくい
  • 効果を得るのに日数が必要
  • 色の調整が難しい
  • すべて自分でするので手間がかかる
  • 両方の費用が必要

歯を白くきれいにしたいという方は、当院までお気軽にご相談ください。03-6908-4185