もう一度天然歯の感覚を取り戻したい~インプラント~

インプラントとは、人工歯根を顎の骨に埋め込んでそれを支えに人工歯を装着し、失った歯の機能を補う治療法です。

骨に固定するのでずれることがなく、両側の歯を削って支えにするブリッジや、バネで周囲の歯に固定するタイプの部分入れ歯と違い、残っている健康な歯を傷つけることもありません。天然歯と変わらない見た目が得られ、がたつきを気にせず食事や会話が楽しめる毎日を取り戻してくれます。

インプラントのメリット

  • 食べものを選ばず、自然に噛んで食べられる
  • 見た目が自然で美しい
  • 部分入れ歯やブリッジなどのように、周囲の健康な歯を傷つけない
  • 噛むことで顎の骨を刺激でき、退化を防げる

インプラントをおすすめしたい方

入れ歯が合わず、悩まれている方

健康な歯を削りたくない方

入れ歯ではない自然な歯をお望みの方

インプラント治療の流れ

STEP1カウンセリング

お口の状態を確認し、インプラントについてご説明するとともにご相談やご希望を伺います。

STEP2検査

インプラント治療が可能な状態か検査して判断し、それを元に治療計画を立ててご説明します。

STEP3インプラント埋入手術

顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込む手術をします。麻酔をするので痛みはありません。ご安心ください。

STEP4治癒期間

埋め込んだインプラントが顎の骨にしっかりと固定されるのを待ちます。3~6ヶ月かかりますが、仮歯をつけるので食事なども問題ありません。

STEP5アバットメント連結

インプラントの固定が確認できたら、アバットメントを連結させます。これが人工歯の支台となります。

STEP6人工歯装着

人工歯をアバットメントに装着し、インプラント治療の完了です。

STEP7メインテナンス

せっかくつけたインプラントを失わないよう、毎日のケアと定期検診を欠かさないようにしましょう。

インプラント以外の選択肢の入れ歯については以下をご覧ください。

自分に合った入れ歯を見つけましょう

失った歯の機能を補う治療として、入れ歯は昔から利用されてきました。「ずれが気になるのでは」「違和感があるのでは」といったマイナスのイメージをお持ちの方もいますが、技術や素材の開発が進み、現在では作り方次第でぴったりと合ったものを作ることができます。

当院では患者様一人ひとりのお口の状態やご希望を把握し、しっかりと噛んで食事を楽しめる入れ歯をお作りしておりますので、まずはご相談ください。

入れ歯における保険治療と自費治療

入れ歯治療には、保険が適用されるものと、自費になるものがあります。その違いは、材料や技術。保険適用内の入れ歯では、その選択肢がかぎられていますが、自費治療の場合には、何の制限もありません。

もちろん保険の範囲内で治療すれば、患者様の経済的負担を抑えることができます。しかし、入れ歯は患者様の身体の一部として大切な役割を担うもの。より審美性、機能性にすぐれたものをと考えた場合には、自費治療をおすすめすることもあります。

当院では一人ひとりの患者様のお口の状態やご希望をしっかり伺い、ご相談を重ねながら「よい入れ歯」をお作りできるよう努めます。入れ歯にお悩みの方は、どうぞ一度ご相談ください。

左右にスクロールして、表の内容を確認することができます

 

保険治療

保険治療

自費治療

自費治療

設計 保険の枠内の技術のみ。 先端技術で設計可能。
違和感 総入れ歯は上の歯の天井がレジン(歯科用プラスチック)製で分厚く、お口の中に違和感を覚える方も。 床を金属で薄く作れば違和感が少ない。
がたつき がたつきやすく周囲の歯を傷つけやすい。 がたつきにくく周囲の残った歯を傷つけない。
熱の伝わり方 熱の伝わり方が遅いので、熱いものに気づかずやけどすることも。また食べものの味がわかりにくくなる。 熱の伝わり方が早い。食事や飲みものの味がわかりやすい。
素材・強度 プラスチックで細菌が繁殖し、口臭が発生しやすい上に清掃が難しい。また経年劣化によって割れやすくなる。 金属であれば清掃が簡単で清潔に保ちやすい。また丈夫で割れにくい。

正しい入れ歯のお手入れ

ブラッシング

歯みがき粉は研磨剤が入っていて入れ歯を傷つけるため、使いません。口に入れたままではなく外した状態で丁寧にみがきます。できれば入れ歯専用の歯ブラシを使いましょう。

食後・就寝時のお手入れ

食後すぐにみがけないときは、早めに水で流すだけでも汚れのこびりつきを防げます。就寝前にも洗い、寝るときは外しておきましょう。寝ていると唾液の分泌が減るので、トラブルの元になります。

また、入れ歯洗浄剤を使う場合は説明書をよく読みましょう。洗浄剤だけでは汚れがすべて落とせないので、ブラッシングは欠かさずに行ってください。

残存歯のお手入れ

バネをかけるタイプの部分入れ歯を使っていると、虫歯や歯周病のリスクが高まります。残っている歯も、入れ歯を外した状態できちんとみがきましょう。

歯科でのメインテナンス

口内環境は日々変化するもの。定期的に歯科医院でのチェックと適切なメインテナンスを受けましょう。

当院の入れ歯の種類

左右にスクロールして、表の内容を確認することができます

レジン床義歯 金属床義歯 ノンクラスプデンチャー
レジン床義歯 金属床義歯 ノンクラスプデンチャー
保険が適用されるため安価。床がレジンなので厚みがあって違和感を覚える人もいます。 床部分が金属でできた入れ歯で、保険適用外です。床が薄いので違和感が少なく、熱が伝わりやすいのもメリットです。 金属のバネ(クラスプ)を使わない部分入れ歯。保険適用外ですが自然な見た目でつけ心地が快適です。

歯を失ったときや、お使いの入れ歯の不具合などありましたら当院までご相談ください。03-6908-4185