もしかして歯周病?

歯ぐきの腫れや出血は歯周病のサインです。歯周病はプラーク(歯垢)の中に潜む歯周病菌が出す毒素で歯ぐきが腫れ、歯を支える歯ぐきや顎の骨が溶ける病気。症状がかなり進行するまで痛みがほとんどないため軽く見られることが多いのですが、実は放置すると、歯ぐきや顎の骨がどんどん溶け、最悪の場合歯が抜け落ちることもあるのです。

あなたも歯ぐきの腫れや出血があるなら、それは歯周病かもしれません。今すぐチェックしてみましょう!

今すぐ歯周病チェック!

とくにわかりやすい症状は歯ぐきの出血。そのほかにも「歯ぐきがかゆい」「口が粘つく」「歯ぐきから膿が出る」といった症状があります。一つでも当てはまる方は歯科医院で治療を受けましょう。

歯周病が身体に与える影響

歯周病菌は歯ぐきや骨を溶かす恐ろしい病気ですが、実はそれ以外にもとても多くの疾患にかかわっていることがわかってきました。たとえば認知症、心臓病、糖尿病、不妊症、肺炎、骨粗鬆症など、歯周病の引き起こす病気は数えきれないほど。歯周病菌は血管の流れに乗って全身を駆け巡り、身体中にトラブルを引き起こしてしまうのです。

喫煙は免疫力を下げ、歯周病の悪化を招きます。さらに血管を収縮させ血行を悪化させるので、歯周病の進行に気づきにくい状態を作り出してしまいます。歯を失ってからでは後悔しても間に合わないので、お口の健康を守るためにもタバコはできるかぎりやめましょう。

歯周病の症状と治療法

歯周病の
進行度
軽度 中等度 重度
歯ぐきの
状態
軽度 中等度 重度
歯にプラークが付着した状態。痛みはなく、歯みがきで出血することがあります。 プラークが歯石化した状態。歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)が深くなります。 歯を支える骨が溶け出し、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまいます。
治療法

スケーリング/ルートプレーニング

スケーリング/ルートプレーニング

フラップオペレーション

フラップオペレーション

スケーリングで歯周ポケットの中にできた歯石やプラークを取り除き、ルートプレーニングで歯の表面をみがきプラークが再付着しにくいツルツルの状態を作り出します。 歯周ポケットの奥深くに歯石ができた場合、歯肉を切り開いて歯根を出し、歯石や歯周病菌の毒素に冒された歯肉を除去して歯肉を戻します。

歯周病は防げる病気です。くわしくは以下で説明しています。

予防歯科の重要性

わたしたちは普段、歯があることは当たり前だと考え、その大切さを意識することは少ないかもしれません。しかし歯が果たしている役割は食事だけでなく、全身のバランスをとったり発音をよくしたりと大変多く、重要なものばかり。誰しも失ってからその大切さに気づいて後悔したくはないはずです。ここでは予防歯科の重要性をお伝えします。

歯の持つ大切な役割

食べものを噛む 食べものを噛んで消化を助け、栄養を吸収しやすくします。歯ごたえを楽しむことができ、おいしくいただけるという役割も。また、噛むことで食べものの中に異物があれば発見でき、体内への侵入を防げます。
発音を助ける 正しい発音には舌と唇に加え、歯も必要です。
筋肉の瞬発力を生む 歯を噛みしめることが、瞬間的に大きな力を発揮する助けになります。
顔の表情を生む 歯の動きは表情菌や顎の骨を鍛え、豊かな表情を生み出します。

予防歯科で受けられる処置

プロにしか取れない汚れもごっそり 「PMTC」

プロにしか取れない汚れもごっそり 「PMTC」

プロが専用器具で行う歯のクリーニング「PMTC」。歯みがきでは落ちない細菌のかたまり「バイオフィルム」が落とせ、虫歯や歯周病が予防できます。歯の表面がツルツルになり汚れがつきにくくなるうえに、色素沈着除去や口臭予防にもなります。

早期発見・早期治療のために 定期検診

早期発見・早期治療のために 定期検診

虫歯も歯周病も、早期発見・早期治療が何より大切。治療負担を軽くして健やかな口腔内環境を保つために、定期的に検診を受けましょう。プロの目によって、虫歯や歯周病になっていないかを調べます。

毎日のケアがあなたを守る ブラッシング指導

毎日のケアがあなたを守る ブラッシング指導

たとえ毎日歯をみがいていても、みがき方が間違っていると効果が半減してしまいます。歯並びは人それぞれ違いますが、当院ではあなたのお口にぴったりの歯のみがき方を指導。予防効果を高めるお手伝いをします。

虫歯に負けない強い歯を フッ素塗布

虫歯に負けない強い歯を フッ素塗布

フッ素を塗布すると歯質が強化され、虫歯菌の酸に溶けにくい歯になります。ごく初期の虫歯であれば、フッ素塗布とブラッシングを徹底すれば再石灰化による回復が期待できます。

予防や定期検診に関することはこちらへお問い合わせください。03-6908-4185